やまがた藝術倶楽部


通常講習

4〜7月、8〜12月に開講されます。 通常講習は大きく分けて、夜間部/遠方対策部/基礎コースにわかれます。詳しくは以下をごらんください。






通常講習
コース曜 日時間
●夜間部月〜土曜日17:00〜21:00
●遠方対策部土曜日10:00〜21:00
●基礎コース水〜土曜日17:00〜21:00


【夜間部】 月〜土曜日 17:00〜21:00


 高校の授業の後で予備校に通う形になるのが夜間部です。推薦・一般入試による現役合格を狙うなら夜間部が良いでしょう。毎日アトリエが使用出来る事に加え、土曜の合同講評会で昼間部との作品と自分の作品の比較も行えるので、客観的な判断が身に付きます。
 また、浪人生が比較的苦手な5教科の筆記試験も高校の学習で補えている場合が多く、一般入試の対策に的を絞った場合は毎年合格率が高いのも特徴です。
 高校3年生だけではなく、1〜2年生も入学する事が出来ます。




【遠方対策部】 土曜日 10:00〜21:00

 遠方の受験生には通学が困難な場合があります。寒河江・東根・米沢位までなら通学は可能ですが、新庄・鶴岡・酒田等からはかなり難しくなってきます。また白鷹等、距離はそれほどでなくても、交通機関の関係で 難しくなる場合もあります。
 そういった受験生の救済措置として、土曜日だけのクラスを設けています。日中は昼間部と合同で講習を行い、夜は講評会に参加する形ですが、やはり昼・夜間部より講習時間が圧倒的に短いので、学校に来るだけではレベルアップは難しくなります。1週間の内に作品を作り溜めておいて、土曜日の講評会の後に講師にアドバイスをもらう等、各自週1回の時間を有効に使う事が出来れば、有意義な講習にする事も出来ます。




【基礎コース】 水〜土曜日 17:00〜21:00


 次年度以降の受験に向け、基礎技術の指導をしていきます。クリエイターとしての物の見方や考え方、それらを鍛えるための発想力を磨くことで受験勉強に対する理解力を鍛えていきます。受講生とのギャップを埋める本人の自主的な訓練が必要です。



2011年05月26日 | 通常講習